間違えてない?英語でのメールの書き方をおさらい


英文メールでの宛名の書き方

英語でメールを書くとき、日本語と同じ感覚で書いていると相手に誤解させる可能性があります。最初は時間が掛かるかもしれませんが、英文メールの書き方のルールを調べ、正しい体裁で書いていくのが安心です。メールの一番最初に書くのが宛名です。宛名を書くのは日本語のメールでも同じですが、日本語の場合は相手の名字に「様」を付けるのが一般的です。その一方で、英語では下の名前を呼び捨てで書きます。確かに、初めてメールを出す相手や出会ってすぐの相手にメールを書く際には”Mr.”や”Ms.”を付け、名字を宛名にしても良いのですが、何度かやりとりをした間柄なら下の名前で書き出します。いつまでも名字で呼んでいると距離感を持っているように受け取られるので、数回目のタイミングからは下の名前で呼ぶようにすると良いです。

よろしくお願いしますにあたる言葉は?

日本語のメールだと、最後に「よろしくお願いします」と書いて締めることがよくあります。英語には「よろしくお願いします」にぴったり当てはまる表現はないのですが、メールの文末に書く表現はいくつかのパターンがあります。”Best,”や”Regards,”が便利な表現です。最後にカンマを付けるのを忘れないように。”Thank you.”も使えます。”Best,”や”Regards,”を書いた後、一行改行して、自分の下の名前を書いてメールを終えます。下の名前を書くというのがポイント。日本語のメールだと自分の苗字を書くのが一般的なので、そのままローマ字で自分の苗字を書いてしまう人がいます。そうすると相手の外国人に、名字なのに下の名前だと勘違いされてしまうことがあります。

英語力を活かした職業に就きたいとお考えの方。講師になる道が真っ先に思い付きますが、英語の転職はそればかりではありません。英会話教室では、事務スタッフもミーティングは全て英語でする為、英語力が必要です。