単身赴任など期間限定の引っ越しにはマンスリーマンションを


短期間の入居は敷金・礼金が大きな負担に

賃貸マンションを借りるには、毎月の家賃以外に敷金・礼金が発生します。最近は少なくなってきましたが、それでも家賃3カ月分以上のお金がかかることも珍しくありません。数年以上居住するのであればその負担は大きなものではないですが、数カ月などで引っ越しをする場合は資金のロスになります。マンスリーマンションではこの費用がかかりませんので、短期間の居住を考える場合は賢い選択と言えます。

家具家電付きマンションの選択肢も豊富

マンスリーマンションには家具や家電が付いた物件が多いです。その分毎月の家賃は高くはなりますが、新しく家具や家電を買い揃える必要がありませんので、一人暮らしの初期投資額が非常に少なく済みます。多くはテレビ・冷蔵庫・洗濯機だけですが、物件によっては空気清浄機や乾燥機など、最低限以上の家電が付いていることもあります。家電は新しいものが準備されているので、これまでの生活と比べて不便になることもありません。但し、貸与物ですので慎重に扱わなければならないことに留意しておくべきです。

オフィス街や都心部に豊富な物件数

単身赴任やビジネスでマンスリーマンションを利用する方にとっては、交通の便が重要になるでしょう。マンスリーマンションは多くの業者が参入しており、都心部を中心に多くの物件があります。ワンルーム以外にも1DKや二人以上向けの部屋もありますし、駅から近い物件も揃っています。最初から短期間の居住を目的とするときは、マンスリーマンションでお得に住居費を節約しましょう。

少し長めの旅行や出張、仮住まいにするならホテルよりもマンスリーマンションがお得です。安く借りることができ、1日単位で滞在日数を選べるところもあります。