子育て経験を活かした仕事とは?!需要も高い保育士の仕事


保育士資格の保有者は必見!

国家資格である保育士資格の取得は簡単なことではありませんが、せっかく保育士資格を取得したのに保育の仕事をしていない人もいます。その中には保育の現場で働いたことがあり出産や育児のために退職してしまった人や、保育士資格を取得してから一度も保育士として働いた経験が無い人まで様々です。このような人たちのことを潜在保育士と言いますが、潜在保育士の中には保育業界への就職を考えている人も少なくありません。しかし、保育士としてのブランクがあることや保育の現場経験が無いことを不安に感じ、実際の就業には至らないケースもよくあります。一方、保育の現場では慢性的な人員不足の解消のため、潜在保育士の採用に注目が集まっています。このような現場では潜在保育士がスムーズに働き始められるようにバックアップ体制が整っている場合も多く、就業をためらっている潜在保育士にとってはありがたい環境が提供されています。

子育て経験が直接仕事に活かされます

子供と接することが仕事である保育の現場では、子育て経験がそのまま仕事の役に立つことがよくあります。保育士としてのブランク期間が合ったり現場未経験の保育士の場合でも、子育て経験があることが面接で有利に働くかもしれません。またこのような保育士の場合、子を持つ親として保護者の気持ちを理解しやすいという面もあり、新卒の保育士とは違う魅力もあります。家庭と仕事の両立は難しいと感じる瞬間もあるかもしれませんが、自分がしてきた子育て経験を活かすことができる保育の現場で働いてみるのも良いのではないでしょうか。

主婦のパートとは、家庭での家事や育児を優先する女性が、家計を助ける為や収入アップを目的に、時間を限定して働く立場のことを言います。