子供が好き!子供と一緒に育つ素敵な保育士


保育士ってどんな仕事?

保育所に通う子供の身の回りの世話や、遊びを通した心身の発達支援、就学前の基本的な生活習慣の土台作り、集団生活のサポートなどを行います。このように聞くと少し難しいようにも感じますが、保育士として子どもと接することにより、子供たちが健やかに育っていけるように支えてあげることが保育士の主な役割です。

子供達にたくさんの愛情を

保育所に通う子供達は 幼稚園に通う子供達と比べて、長い時間その施設で生活をします。中には早朝から夕方過ぎまで保育所で過ごす子もいるでしょう。子どもたちは皆、大人たちからのたくさんの愛情を欲しています。保育士はそこで長い時間共に過ごす大人として、たくさんの愛情を注いであげましょう。時に優しく抱きしめ、時に厳しく怒り、子供達としっかり向き合ってあげることで、子供達の愛されたい欲求は満たされるでしょう。

保育士って素晴らしい!保育士のやりがい

保育士という仕事はとても素敵な仕事です。子供の成長というのはとても感動的なものです。入園当初は泣いてばかりで何もできなかった子も、卒園する頃には立派なお兄さん、お姉さんに育って、むしろ先生達の方が助けられるなんてこともよくあります 。でもそんな子供たちの成長も保育士たち自身が頑張ってきた成果でもあり、それが目に見える形で表現されると、それはもう感動の一言では終わりません。よく、人の親になるということはとても素晴らしいことだという人がいますが、保育士の仕事は少し大袈裟に言うと、たくさんの子供たちの親になれる仕事なのです。と言う事は、保育士の仕事は普通の親の何倍も、何十倍も幸せな気持ちになれる仕事と言えるでしょう。

保育士の求人なら神奈川で見つけることができます。駅に近い保育園や短時間勤務が可能な保育園もあります。