自分の希望する仕事内容は?!介護の仕事に就く前に知っておきたいこと


希望する勤務の形を決めておく

介護の仕事を始める前に、自分がどのような形で介護業界で働きたいかを決めておかなければなりません。介護業界における現場の仕事は様々です。例えば、特別養護老人ホームやデイサービスのような施設勤務の場合、介護資格を持っていなくても勤務できる可能性があります。まずは介護の仕事が本当に自分のやりたい仕事なのかを確認したいという人には、無資格から働き始め、最終的に介護資格取得を目指すという形を取っても良いかもしれません。一方、高齢者の自宅を訪問してあらゆる介護サービスを一人で提供する訪問介護の仕事をするには、介護資格の取得が必要になります。同じ介護の現場でも自分が勤務する職場によってはあらかじめ介護資格を取得しておかなければなりません。

施設によって違う仕事内容を把握しておく

介護施設でどのような仕事をしたいのかも、就職・転職をする上では重要になってきます。例えば、介護の現場で最も重要とされる身体介護サービスの提供を希望する場合、介護資格の取得をしておく必要があります。介護資格の取得においても施設が提供している資格支援制度を利用するのかどうかなど、ある程度事前に下調べをしておいた方が良いでしょう。一方、人によっては身体介護のような直接的な介護ではなく、介護スタッフの調理スタッフとしての勤務や、デイサービスの送迎車のドライバーとしての勤務を希望する人もいるでしょう。このような仕事内容の場合は介護資格以外の資格が必要になることもあるので、これについても事前に調べておきましょう。

介護の求人を東京で探す事はインターネット・求人広告等で可能となっており、経験・資格を活かして応募してみる事をおすすめします。