子育ても仕事もあきらめたくない!そんな人の両立方法とは


あらゆるサービスをフル活用しましょう

仕事と育児の両立方法は、使えるサービスは全て使うということです。都市部であれば、ベビーシッターを頼るのもありです。また、田舎では自治体のファミリーサポート制度を利用しましょう。通称ファミサポです。地域の人に子どもを預ける制度です。運営方法は地域によって違うので、自分の住んでいる自治体に確認することをおすすめします。さらには、自分の父母、義父母が近くに住んでいる人は、「もしもの時の場合、頼ることがある」ときちんとお願いしておきましょう。そのほか、病児保育などへの登録も忘れずに。セーフティネットを何重にも張り巡らせることがポイントです。

女性が働きやすい仕事とは

仕事を選ぶ上で見るべきポイントは、子育て経験のある女性がその会社にいるかどうかです。たとえば看護師。深夜勤務もあるのに、女性の割合は高いです。看護師という資格さえあれば、結婚出産後もあらゆる病院から需要があるからです。さらには病院によっては24時間体制の託児所を設けているところもあります。制度が十分に整っているケースも多いです。資格がなくても、化粧品会社など、女性社員が欠かせない会社は、地域採用制を導入するなどして、産後も働きやすい採用システムを整えているところが多いです。逆に、マスコミやIT系など長らく男性社会だった業種は、今後さらに育児しながら働く環境を整える必要性が高いです。もちろん、育児との両立のしやすさは、会社によって個々に違います。重要なことは、育休や看護休暇などの福利厚生の制度がきちんと整っているだけではありません。実際にその制度を利用しているママさん社員がどれだけいるかということも、合わせてチェックしてみてください。

シングルマザーの仕事の求人件数は年々増えていますが、各自の能力や経験、適性に合ったものを選ぶ必要があります。