保育士になりたいと考えているあなた必見!あなたにあった働き方を見つけよう!


足りない保育士、辛いだけの仕事じゃない!

働くお母さんが増える一方で、保育士として働く人はどんどん減っていっています。中には、保育士は仕事が大変な割に給料が低くて、働く意味がない!と言われることもあるようですが、3つごの魂100まで、と言われるように、乳幼児期の子供の体験はその後の人生を大きく左右するからです。ここでは保育士として、無理なく自分のペースで働けることを目指す人を応援したいと思います!

場所も時間も様々!保育士の仕事の幅広さはすごい!

保育士=保育園の先生と思われがちですが、それだけではありません。保育士資格があれば、支援センターや児童館の先生、児童養護施設の職員、診療所などの一時託児の職員など、本当に様々な職務に就くことができます。その中で、自分が働きたい時間帯、スタイル、仕事内容などを探してベストなものを見つけることが出来るでしょう。どれも、子供たちの未来を笑顔にするための仕事です。きっとあなたの毎日も充実感でいっぱいになることでしょう。

保育士になるとどんな生きがいを感じられるの?

保育士として、保育園の先生になって子供たちと毎日を過ごすことになったら、どんな毎日になるでしょうか?おむつの交換がいやになる?泣き声で頭がおかしくなりそう?もちろんそう思うこともあるかもしれません。しかし仕事には嫌なこともあり、でもその反面嬉しいこともたくさんありますよね。保育士の場合は、子供たちの笑顔と、成長を一番近くで見ることができること。赤ちゃんで入園してきた子が、立派に小学生として旅立っていくときは、涙モノです。保育士の仕事は確かに辛いこともたくさんありますが、その分幸せなことも多いと思っています。それをぜひ、皆様も実際に体験して欲しいと思います。

保育士の求人なら東京で選ぶ際には、任務時間や形態など多種多様となっているため、自分の希望する条件が見つかる可能性が高いといえます。